UNIDEN 地上デジタルチューナー DTH11

UNIDENより発売中の「地上デジタルチューナー DTH11」をご紹介します。
こちらはアマゾンで購入しました。お値段は2680円でした。

uniden_chidezi_tuner_1
家で眠っているアナログテレビを活用するため、この商品を購入することに決めました。

uniden_chidezi_tuner_2
視聴予約機能により、チューナーの電源ON/OFFとチャンネル選局ができます。

箱の中身は…
uniden_chidezi_tuner_3
取扱い説明書、かんたんガイド、B-CASカードと…

uniden_chidezi_tuner_4
本体、ACアダプター、リモコン、リモコン用電池、AVケーブルで全部です。

取り付けはシンプルで簡単。
初期設定もテレビ画面の指示通りにするだけなので難しいところはありませんでした。
付属のリモコンも各メーカーのテレビに対応しています。
私のソニー製テレビも操作できました。
とにかく安いのでオススメです。


ダイソー タッチペン ボールペン付

ダイソーで発売中の「タッチペン ボールペン付」をご紹介します。
お値段はもちろん105円です。

daiso_stylus_pen_1
この商品は、スマートフォンやタブレット用の、いわゆるスタイラスペンです。

daiso_stylus_pen_2
ダイソーで、おなじみの中国製です。

daiso_stylus_pen_3
長さは14.5cmあります。
普通のボールペンと同じぐらいの大きさです。
スタイラスペンとしては大きい方ですかね。

daiso_stylus_pen_4
なんと、実際にボールペンまで付いています。

daiso_stylus_pen_5
画面に触れる部分は導電シリコンです。
中は空洞になっているので、フニュフニュした感触です。

daiso_stylus_pen_6
小さい文字もしっかりなぞれて、ちゃんと反応しました。

手持ちのiPadとXperia Aで使ってみましたが、軽いタッチでもちゃんと反応してくれました。
安物だから力を入れて押さないと反応しないのでは…と思っていましたが、そんな心配は全く必要ありませんでした。
使い心地に特に不満はありません。
ボールペンまで付いているという便利さも○です。


■サイズ/長さ:14.5cm
■材質/銅、導電シリコン、ニッケル合金

I-O DATA USB 3.0/2.0接続 外付ハードディスク 3.0TB HDC-AET3.0K フラストレーションフリーパッケージ

I-O DATAより発売中の「外付ハードディスク 3.0TB HDC-AET3.0K」をご紹介します。
こちらはアマゾンで購入しました。お値段は13980円でした。

io_hdd_3tb_1
フラストレーションフリーパッケージですので、このような箱で送られてきました。
io_hdd_3tb_2
I-O DATA 外付ハードディスク 3.0TB HDC-AET3.0K(公式)

io_hdd_3tb_3
中身は、ハードディスク本体、USBケーブル、ACアダプタ、保証書&使用上の注意の紙のみです。
取扱い説明書はサイトからダウンロードするようになっています。
PCとのつなぎ方は簡単なので、そのために説明書をダウンロードすることはないと思います。

io_hdd_3tb_4
シンプルな構成ですね。

io_hdd_3tb_5
本体正面です。使用中は上部のLEDライトが点灯します。

io_hdd_3tb_6
本体裏です。USBケーブル、ACアダプターをここに接続します。

本体とパソコンをつなぐと、自動的にドライバーがインストールされて、すぐに使えるようになりました。
ちなみに私のパソコンのOSはWindows8です。
始めは2TBのハードディスクを検討していましたが、今後扱うデータが増えていく予定なので割安の3TBにしました。
使用感ですが、音も静かでUSB3.0にも対応していて満足しています。
結果、この商品を購入して良かったと思っています。


docomo Xperia A SO-04E 大容量バッテリー(4600mAh) + 専用背面カバー(Mint) ミント

アマゾンで発売中の「docomo Xperia A SO-04E 大容量バッテリー(4600mAh) + 専用背面カバー(Mint) ミント」をご紹介します。
お値段は4580円でした。(私がこれを注文したのは8月1日でした。現在はお値段がもっと下がっていますね。)
先日、スマホをGalaxy S2からXperia Aに機種変更したんですが、純正のバッテリーだとやはり持ち時間が気になるので、この大容量バッテリーを購入することにしました。
ちなみに以前使っていたGalaxy S2でも大容量バッテリーを使っておりました。充電する回数が減り、電池のことを気にすることが少なくなったので重宝していました。
この商品はどうでしょうか?使用感をレビューしてみたいと思います。

xperia_a_4600mah_ba950_1
この商品に箱は無いようです。

xperia_a_4600mah_ba950_2
バッテリー&背面カバー以外の付属品もありません。

xperia_a_4600mah_ba950_3
左が純正バッテリー、右がバッタも…この商品です。

xperia_a_4600mah_ba950_4
バッテリーの厚みはこんなに違います。

xperia_a_4600mah_ba950_5
左が純正カバー、右がこの商品です。色がビミョーに違いますね。

xperia_a_4600mah_ba950_6
カバー内側です。やっぱり純正の方が作りがしっかりしてます。

xperia_a_4600mah_ba950_7
本体にカバーを取り付けた時の厚みを比べてみましょう。
こちらは純正カバー。

xperia_a_4600mah_ba950_8
こちらがこの商品です。

使用感ですが、まず手に持った感じの安定感があります。
純正の本体だと薄くて軽くて落としちゃいそうで不安ですが、このバッテリーに変えると重さも厚みもあり、その心配がずいぶん減ります。

充電時間ですが、電源を完全に切った状態で満充電にするには3時間ちょっとぐらいかかります。
ここでアレ?と思ったことがありました。満充電の状態でスマホを使用したのですが、画面右上に表示される電池残量が100%から65%あたりまで急激に減っていくのです。
その後はゆっくりと減っていく感じなのですが、バッテリー残量の表示が不安定になるのはどうなのでしょうか。
その後、何回か使っているうちに普通に100%から徐々に減るようになりました。
最初は、3時間程度で満充電になると思っていたのですが、もしかしたら3時間ちょっとでは足りないのかもしれません。
5時間ほど充電すると急激に電池残量表示が減ることはなくなりました。

電池の持ちですが、少なくとも純正バッテリーより1.5倍は持ちます。曖昧な表現ですが、スマホの使い方にもよりますので。。。

背面カバーの取り付けは、ズレや歪みもなくピッタリとハマりました。
カバーの穴もズレはなく、カメラ&お財布ケータイの使用に支障をきたすことはありません。

予備の純正バッテリーやモバイルバッテリーを持ち歩くよりも、こちらの商品の方がかさばらないので良いと思います。
是非、ご参考になさってください。


NP-BX1用 充電器

NP-BX1用 充電器をご紹介します。
「NP-BX1」はソニーのカメラに使われるバッテリーです。
私はソニー デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS15を持っているのですが、このカメラにもNP-BX1が使われています。
このカメラ本体だけでも充電は出来るのですが、充電器があれば充電時間の短縮になるので購入しました。
購入先はアマゾンで、お値段は800円でした。(購入時)

digital_battery_charger_1
実は、この商品を私が購入した時期は今年の2月です。

digital_battery_charger_2
今でもアマゾンで購入可能ですが、もしかしたらパッケージや製品のディテールが変わっているかもしれません。性能自体は同じだと思います。

digital_battery_charger_3
充電の目安時間が書かれています。実際はこの目安よりも時間がかかると思います。

digital_battery_charger_4
この商品は中国製です。
Warning:In order to avoid fire and electrical shock,do not open the charger shell and don’t put the charger to a place of wetness or humidity or high temperature.
The warranty period is effective for one year.
「火災や感電を避けるために、充電器を開けないでください。高温多湿の場所に充電器を置かないでください。保証期間は1年間有効です。」と書かれています。

↓箱から取り出しました。
digital_battery_charger_5
左がシガーソケット、右が充電器本体です。説明書などは付いていませんでした。

digital_battery_charger_6
シガーソケットをつなげるとこうなります。私はまだ、車でこの充電器を使ったことがありません。

digital_battery_charger_7
本体表です。

digital_battery_charger_8
裏です。コンセントプラグを収納できるタイプです。

digital_battery_charger_9
横です。

digital_battery_charger_10
ここに先程のシガーソケットを接続します。

では、実際にNP-BX1を充電器にセットしてみたいと思います。

digital_battery_charger_11
こちらがNP-BX1(表)です。
※この製品にはNP-BX1は付いていませんので、予めご了承ください。

digital_battery_charger_12
NP-BX1(裏)です。

digital_battery_charger_13
+と-の部分が見えると思います。

digital_battery_charger_14
充電器本体にも+と-が書かれた部分がありますね。

digital_battery_charger_15
これを合わせるようにセットすると…こうなります。

digital_battery_charger_16
コンセントに差すと、赤いランプが点灯します。充電中はこの赤いランプが点灯するのです。

digital_battery_charger_17
充電が完了すると緑のランプに変わります。

実際に、カメラに充電済みバッテリーをセットして使ってみましたが、問題なく使えました。
ちなみに、私はNP-BX1純正バッテリーの他に、NP-BX1互換バッテリーも持っているのですが、そちらもこの充電器で使ってみたところ、問題なく充電できました。
是非、参考にしてください。